防災と災害情報のニュースメディア
  • リコール

座礁の南極観測船「しらせ」4回めで離脱成功

南極観測船「しらせ」(出典:海上自衛隊)

 南極から帰還する途中で座礁した南極観測船「しらせ」は、18日午後1時(日本時間)に4回めの満潮時を待って、脱出作業を行い、午後1時19分に、無事、暗礁からの離脱に成功した。

 

 「しらせ」は現在、水深の深い場所に停泊して確認作業を行なうとともに、離脱のために、船尾側に移動させた積載物資や燃料を元の位置に戻す作業を行っている。

 

 また離脱作業によって損傷部分が拡大するなどの被害はなかったとのこと。

 

 もともと「しらせ」は海洋観測などを行ないながら3月15日にオーストラリア・シドニーに入港、4月7日に帰国する予定だったが、今後の方針については、試験航行を行なった上で検討するとしている。

 

 

 あなたにオススメの記事

メニュー