防災と災害情報のニュースメディア
  • 気象

孤立地域の患者 FAXでの処方せん受付を許可 山梨県

 大雪から5日が経過しても、依然2000世帯以上が孤立している(18日正午現在 内閣府調べ)山梨県だが、同県福祉保険部医務課は19日午前、孤立地域の患者などについて、FAXで処方せんが薬局に送付された場合には調剤を許可するとの措置を発表した。

 

 この発表では、緊急避難的な措置として、医師と連絡が可能であり、ファクシミリなどにより患者の希望する薬局に処方せんが送付された場合には、医療機関から処方せん原本を入手するまでの間は、送付されたファクシミリを「処方せん」とみなして調剤などを行なっても差し支えない、というもの。

 

 また同発表では、客観的にやむを得ない状況と認められる場合には、調剤した薬を郵送することも認めている。

 あなたにオススメの記事

メニュー