防災と災害情報のニュースメディア
  • 環境

21日のPM2.5 九州・四国地方でやや高い予想

 21日午前のPM2.5濃度は、九州・近畿地方の一部で環境基準値(35マイクログラム/㎥)を超えているところがあるが、その他の地域は、おおむね環境基準値(35マイクログラム/㎥)以下となっている。現在、注意喚起を発表している自治体はない。 

 

 21日午前7時現在の各地のPM2.5測定値は、高いところで、長崎県対馬市で55マイクログラム/㎥、京都府舞鶴市で47マイクログラム/㎥、長崎県五島市で43マイクログラム/㎥などとなっており、長崎県と京都府の一部で環境基準値(35マイクログラム/㎥)を超えているところがあるが、その他の地域は環境基準値(35マイクログラム/㎥)以下となっている。

 

今日は北日本中心の冬型の気圧配置となり、大陸から高気圧が張り出してくる。このため西日本で大陸からの風が流れ込みやすく、PM2.5の濃度は、九州地方は一日を通して、四国地方も午前中はやや高い(35超~50マイクログラム/㎥以下)ところがあるとみられる。その他の地域はおおむね低い(35マイクログラム/㎥以下)見込み。

 

 明日も、九州・四国地方でやや高い(35超~50マイクログラム/㎥以下)ところがあるとみられる。その他の地域は低い(35マイクログラム/㎥以下)予想となっている。

 

 PM2.5については、国の基準値である1日平均値で35マイクログラム/㎥を超えた場合、呼吸器系およびアレルギー疾患のある人を対象に、外出時のマスク着用、また帰宅時の目洗い、うがいなどを促している。

 

 PM2.5の1日平均値が70マイクログラム/㎥を超過した場合にはすべての人を対象に、外出や激しい運動を控え、部屋の換気などを最小限にすることなどを呼びかけている。

 

 

 ■各地方の詳細情報については、PM2.5マップでご覧ください。

 あなたにオススメの記事

メニュー