防災と災害情報のニュースメディア
  • 防災知識

12日夜から13日 東北太平洋側で暴風雪に警戒を

 三陸沖を急速に発達する低気圧が進むため、12日夜から13日にかけて東北地方の太平洋側で暴風雪が予想されている。13日夕方まで湿った重たい雪を伴い、非常に強い北風が吹きつける見込みで、気象庁は警戒を呼びかけている。

 

 13日夕方までに予想されている最大風速は海上で20メートル、陸上で15メートル。瞬間的には台風並みの30メートルの風が吹くこともある。

 

 予想される積雪の量は、東北地方の太平洋側の多いところでは、平地で20センチ、山沿いで30センチ。着氷により電線が切れたり、樹木の枝が折れたりすることもあるため、注意が必要だ。

 あなたにオススメの記事

メニュー