防災と災害情報のニュースメディア
  • リコール

三菱東京UFJ 休眠口座約2万2000件の顧客情報を紛失

 三菱東京UFJ銀行は24日、10年以上入出金のない「休眠預金口座」約2万2000人分についての顧客情報を紛失したと発表した。

 

 同行によると、これは帳票類の保管状況の確認調査によって判明したもので、本来、「永久保存扱い」で保管していた資料を、誤って銀行内で廃棄した可能性が高く、外部流出の可能性は極めて低いとしている。

 

 この顧客情報は、氏名・口座番号・残高などが記載されているが、暗証番号・パスワードなどの情報は含まれていないとのこと。

 

 紛失した顧客情報は、東京や大阪などの90支店で取り扱った約2万2000人分で、同行では、預金通帳や届け印などで、通常の預金と同様に払い戻しを受け付けるとしている。

 あなたにオススメの記事

メニュー