防災と災害情報のニュースメディア
  • 環境

福岡市 PM2.5注意情報発表 北九州市では注意喚起基準超

 福岡市は25日、PM2.5濃度について、環境基準値超(1日平均値が1立方メートルあたり35マイクログラム超)が予測されるとして、注意情報にあたる「福岡市PM2.5予測情報」を発表した。

 

 市では、呼吸器系疾患、アレルギー疾患がある人は、マスクの着用や、、帰宅時の目洗い・うがい、空気の入れ替えを控える、車の運転時は窓を閉める、などの「行動のめやす」を参考にするよう呼びかけている。

 

 25日午後1時現在、福岡市内は南区で53マイクログラム/㎥、博多区で52マイクログラム/ ㎥などと1時間値が、いずれも環境基準値を大きく上回っているほか、福岡県北九州市畑区では84マイクログラム/ ㎥、同市小倉北区で80マイクログラム/㎥、同市八幡東区で76マイクログラム/㎥など、北九州市ではPM2.5濃度が国の注意喚起基準(1日平均値70マイクログラム/㎥)を上回っている。

 

 

■PM2.5の最新情報については、PM2.5マップでごらんいただけます。

 あなたにオススメの記事

メニュー