防災と災害情報のニュースメディア
  • 外交

河野談話「日韓両政府 すり合せの実態を解明」官房長官

 菅義偉官房長官は28日午後の記者会見で、従軍慰安婦問題に関する河野談話について、「日韓間で意見のすり合せの実態があったかどうかについて、解明するチームを考えている」などと述べ、河野談話について、作成過程で日韓両政府がどのような調整を行なったかについて、実態を明らかにしていく考えを示した。

 

 同会見で菅官房長官は、河野談話発表当時の石原信雄元官房副長官の衆院予算委員会での証言について、「『まとめる段階で韓国側との意見のすり合せがあった可能性がある。また、そうしていったん決着をした日韓の過去の問題が最近になって再び韓国政府から提起されている状況を見て、当時の日本の善意というものが生かされておらず、非常に残念だった』と証言している」と説明。

 

 その上で、「この証言を受けて、日韓間で意見のすり合せの実態があったかどうかについて、そこは解明するチームを考えており、政府の中に極秘のチームを作って当時の状況を把握し、その上で取り扱いを検討していきたい」と述べ、河野談話作成過程において、日韓両政府がどのような政治的配慮のもとに調整作業を行ったかの実態を解明し、その上で今後の方向性を検討する考えを明らかにしている。

 あなたにオススメの記事

メニュー