防災と災害情報のニュースメディア
  • 震災復興

津波被災のJR仙石線 内陸移設で15年度全線再開へ

 国土交通省の東北運輸局は13日、東日本大震災の影響で一部運休しているJR東日本の仙石線について、一部区間の内陸移設を認可した。被災した鉄道で内陸移設が認められるのは初めて。


 仙石線は宮城県仙台市から石巻市を結ぶ路線で、津波被害のため高城町-陸前小野駅間約15キロが現在も運休中。


 東北運輸局の示したルート概要図によると、移設の対象はこの区間内の陸前大塚駅の東側約3.5キロ。対象区間にある東名(とうな)駅と野蒜(のびる)駅は既設の位置より約500~600メートル内陸側の高台に移す。線路は最も高いところで標高22メートルになる。


 また、東日本大震災の発生時に停電で踏切が閉鎖されて避難の妨げになったことを踏まえ、同区間に7ヶ所ある踏切はなくし、道路と交わる4ヶ所は立体交差とする。


 13日の認可により、被災区間の復旧に伴う法的な手続はすべて終了した。JR東日本は2013年度から工事に着手し、15年度までに全線の運行再開を目指す。 

 あなたにオススメの記事

メニュー