防災と災害情報のニュースメディア
  • 生活情報

消費増税で引越がピンチ!トラック協会が異例の告示

全日本トラック協会の「分散引越」の告示(全日本トラック協会HPより引用)

 3月と言えば、入学や就職、異動など「引っ越しシーズン」。運送会社にとっては最大の「かきいれ時」だが、今年は、全日本トラック協会が「分散引越にご協力」をなどと、引っ越し時期をずらすよう異例の呼びかけを行なっている。

 

 同協会のホームページでは、以下のような告示が。

 

 

「今年春引越をご検討のお客様!

3月中旬より引越の混雑が予想されます!!

分散引越にご協力を!

◆上記日程を避けた(3月上旬や4月中旬以降)お引越の検討をお願い致します◆」

 

 

 これは4月1日からの消費税率引き上げを前に、家具や家電の駆け込み購入が増えており、この時期、引っ越しにあてるはずだった輸送トラックの台数が不足しているため。

 

 同協会のホームページには、「平成26年 春の引越繁忙期 引越予約混雑状況」が掲載され、毎週更新されているが、東京・名古屋・大阪・福岡など大都市圏では、すでに先週から平日も予約が難しくなっている業者も出ており、今春引っ越しを予定している人は、早めの対応が必要と見られる。

 

 あなたにオススメの記事

メニュー