防災と災害情報のニュースメディア
  • 生活情報

マグロ効果!? 近大出願者数が早大・明大をおさえてトップに

 教育情報会社の「大学通信」が5日までにまとめた集計によると、2014年度の私立大学・受験出願数は、近畿大学が2位の早稲田や3位の明治をおさえて全国のトップとなり、関西初の快挙を成し遂げた。

 

 大学通信によると、2014年度の入学試験における出願数は、近畿大学(大阪府東大阪市)が1位の10万5890人、2位が早稲田の10万5424人、3位が明治の10万4854人と続き、関西の大学としては初のトップという快挙となった。

 

 同大学は、世界初となる養殖クロマグロの「近大マグロ」で知られ、2013年には養殖魚を食べられる専門の料理店「近畿大学水産研究所」を大阪(梅田)と東京(銀座)にオープン。メディアへの露出機会が増えたことにより、「実学教育を重んじる精神が広く伝わった」ため、受験者数も増加したと同大学では分析している。

 

 また、今年から、日本初となるインターネットでの出願「近大エコ出願」も実践しており、1志願につき受験料が3000円安くなったことが「受験生や保護者からも好評を得ました」としている。

 あなたにオススメの記事

メニュー