防災と災害情報のニュースメディア
  • 気象

大雨・暴風・大しけ 太平洋側などで大荒れの天気

 気象庁では、あす(14日)にかけて、東日本の太平洋側では強風により大しけとなるほか、西日本・東日本の太平洋側では非常に激しい雨が降り大雨となるところがあるとして、高波・河川の増水・土砂災害・落雷や竜巻に対する注意を呼びかけている。

 

 13日午前11時現在、福島県浜通り地方、山口県下関・北部、福岡県福岡地方・北九州遠賀地区、長崎県平戸松浦地区・壱岐対馬・五島に暴風警報が、神奈川県三浦半島、静岡県中部南・遠州南・伊豆半島南部に波浪警報が、鹿児島県屋久島地方に大雨警報が発表されている。

 

 気象庁によると、九州の西を低気圧が東に進んでおり、今夜(13日)にかけて本州南岸を発達しながら東へ進む見込みで、低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、太平洋側では大気の状態が非常に不安定になると見られる。

 

 このためあす(14日)にかけては東日本太平洋側の海上を中心に非常に強い風が吹き、大しけとなる見込み。

 

 あす(14日)にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は以下のとおり。

 

【東海地方】

陸上 17メートル(30メートル)、海上 22メートル(35メートル)

【関東地方】

陸上 18メートル(30メートル)、海上 23メートル(35メートル)

 

  また今日(13日)は西日本・東日本の太平洋側では、雷をともなった激しい雨が降るところがあり、局地的には1時間に50ミリを超える非常に激しい雨が降る見込み。

 

 あす(14日)午前6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多いところで、近畿地方・東海地方で200ミリの予想となっている。

 

 

■最新の気象情報は気象情報マップでごらんいただけます。

 あなたにオススメの記事

メニュー