防災と災害情報のニュースメディア
  • 宇宙

「宇宙誕生時の時空の歪み」裏付ける「重力波」を初観測

 138億年前、ビッグバンにより宇宙が誕生した瞬間(正確には誕生から1兆分の1秒未満)に起きた「時空(重力場)の歪み」。

 

 「刻々と変化する『時空の歪み』は『原始重力波』を生んだはず」と予言したのは、かのアインシュタイン。

 

 一般相対性理論で予言された、この「重力波」はこれまで存在する証拠を掴めずにいた。

 

 ちなみに宇宙誕生時からの光は「宇宙マイクロ波背景放射」と呼ばれているが、もし重力波が存在するなら、この宇宙創成期の光に、ある特定の偏光パターンが生まれるはず、と考えられる。

 

 そして米ハーバード大学・スタンフォード大学などの研究プロジェクト「BICEP2」は17日、南極に設置した電波望遠鏡で、ついにこの「特定の偏光パターン」を確認したと発表した。

 

 これにより、ビッグバン直後に宇宙は「急速に膨張した」との物理学上のインフレーション理論が実証されたことになる。

 

 まさに世紀の大発見だが、この理論が実証されるとすれば、間接的に「複数の宇宙が存在する可能性がある(パラレル・ワールド)」ことも理論的にあり得る、となるのだが。

 あなたにオススメの記事

メニュー