防災と災害情報のニュースメディア
  • 事故

マレーシア機?豪 衛星でインド洋南部に漂流物を発見

 今月8日に消息を絶ったマレーシア航空370便について、オーストラリア政府は20日、同機の残骸とも見られる2つの物体を衛星で発見したと発表した。

 

 豪海洋安全庁によると、この物体が発見されたのは、豪州南西部パースの南西2500キロ沖合のインド洋上で、1つは長さ24メートルで、もう1つはそれよりも小さいとしている。

 

 現時点では、この漂流物がマレーシア機と関係ない可能性もあるが、豪空軍のP-3哨戒機が午後1時50分ごろ(現地時間)に現場海域に到着、またニュージーランドと米国の哨戒機も夕刻以降に現場海域に到着する見込みとしている。

 

 アボット豪首相は、「物体の特定は非常に困難で、マレーシア機と関係がない可能性もある」としている。

 あなたにオススメの記事

メニュー