防災と災害情報のニュースメディア
  • 事故

首都高火災 上り線は通行止め解除 下り線は復旧せず

   首都高速3号線(東京都渋谷区)の工事現場で発生した火災で通行止めになっていた上下線のうち、上り線の片側一車線が22日未明に復旧した。下り線はまだ復旧のめどがたたないという。


   火災は20日午後2時過ぎに発生。3号線の高架下に設置された橋桁の塗装工事の足場から出火し、足場などが焼損した他、橋桁も一部変形した。


   出火原因はまだ調査中だが、21日に現地調査を行なった首都高速道路会社によると、電球に塗料が付着したことが影響した可能性があるという。


   この火災の影響で、上り線は大橋JCT〜高樹町入り口、下り線は谷町JCT〜大橋JCTが通行止めに。うち上り線は解除されたが、下り線は安全対策に時間がかかり、22日中の復旧は困難とみられる。


   通行止め区間を利用する場合、いったん一般道に降りてもETCならカードを抜かなければそのまま高速を通行したとみなし、別途料金はかからない。現金払いの場合も、料金所で係員に迂回したことを申し出れば、料金を再度払う必要はない。

 

   

 あなたにオススメの記事

メニュー