防災と災害情報のニュースメディア
  • 原子力

中国の日本核疑惑「あまりに現状と違う」官房長官

 24日からオランダ・ハーグで開催される核安全保障サミットで、日本が国内に兵器クラスの核を保有していると中国が非難する姿勢を示していることについて、菅義偉官房長官は24日午前の記者会見で、「そこ(中国の批判)はあまりに現状と違うのかなと思う」との認識を明らかにした。

 

 中国が提起している日本の核保有疑惑とは、冷戦時に、米国から研究目的で国内に提供された高濃度のウランやプルトニウムなどのことで、中国側はこれまで再三にわたり、「日本になぜ兵器クラスのウランやプルトニウムがあるのか?国際社会で疑念と憂慮を生じさせている」などとの主張を展開している。

 

 同会見で菅官房長官は、「わが国は唯一の被爆国で、原子力先進国でもある。非核三原則を堅持するとともに、核不拡散の視点から核兵器不拡散条約を遵守し、プルトニウムはもとより、保有するすべての核物質をIAEA(国際原子力機関)の保障措置のもとに置いている。IAEAはこれらの核物質がすべて平和活動のもとにあるという結論をすでに出している。適切な防護措置を政府は取ってきているので、中国の批判はまったく当たらない」と反論している。

 あなたにオススメの記事

メニュー