防災と災害情報のニュースメディア
  • FUKUSHIMA

福島第一 作業員が土砂の下敷きで意識不明の心静止

 東京電力は28日、福島第一原発内の固体廃棄物貯蔵庫の倉庫付近で地面の掘削作業をしていた作業員が、作業中に土砂の下敷きとなり、意識不明の心静止となっていると発表した。

 

 作業員は土砂の中から救出された後、救急医療室に運ばれたが、本人に意識はなく心静止の状態。午後3時26分に救急車で磐城共立病院へ搬送された。

 あなたにオススメの記事

メニュー