防災と災害情報のニュースメディア
  • 軍事

北の射撃訓練に韓国応射「安全の観点から国民に情報提供」官房長官

 北朝鮮が31日、黄海上の軍事境界線付近で射撃訓練を行ない、韓国軍がこれに対し応射した問題で、菅義偉官房長官は31日午後の記者会見で、「国民の安全・安心の確保の観点から的確に情報もこれから提供していきたい」と述べた。

 

 韓国メディアによると、北朝鮮は黄海上の軍事境界線にあたる北方限界線(NLL)近くで射撃訓練を実施したが、砲弾の一部が韓国側海域に着弾したことから韓国軍が応射したもの。

 

 同会見で菅官房長官は、「そうした事実があったということは承知している。本件を受けて、内閣危機管理監、国家安全保障局長、外務省、防衛省の関係省庁が緊密に連携しながら、情報収集しているところ。引き続き政府としては関係国と連絡をとりながら、情報収集・分析に全力を挙げて適切な対応をしていきたい」と対応を説明。

 

 さらに、「緊張感を持って警戒監視を始め、さまざまな対応をし、万全を尽くしていきたい。国民の安全・安心の確保の観点から、的確に情報もこれから提供していきたい」とも述べている。

 

 

 

 

 

 

 あなたにオススメの記事

メニュー