防災と災害情報のニュースメディア
  • 政治

みんなの党 渡辺代表辞任へ 8億円借入れ問題で引責

 みんなの党の渡辺喜美代表は7日、化粧品会社会長からの8億円借入れ問題の責任をとって、代表を辞任する意向を表明した。

 

 この問題をめぐっては党内から辞任を求める声が相次いだことなどから、今後の党運営への影響を考慮し、混乱を収拾する観点から辞任やむなしとの判断に傾いたもの。

 

 渡辺氏は、支援者の化粧品会社DHC吉田嘉明会長から、2010年6月に3億円、2012年11月に5億円の計8億円を借り入れ、このうち約5億5000万円が現在も返済されていない。

 あなたにオススメの記事

メニュー