防災と災害情報のニュースメディア
  • 外交

日朝非公式協議は開かれていない 官房長官 事実関係を否定

 今月5日・6日に中国・瀋陽で開催されたと報じられている日朝非公式協議について、菅義偉官房長官は10日午前の記者会見で、「そうした事実はないと思う」と述べ、協議の存在自体を否定した。

 

 この日朝非公式協議については、外務省の小野啓一北東アジア課長による日朝両政府間の課長クラス協議とされ、北朝鮮側は条件付きで「拉致被害者の再調査に応じる用意がある」としたなどと報じられている。

 

 しかし菅官房長官は同会見で、非公式協議の内容について、「まったく私は承知してないし、そうした事実もないと思っている」と回答。

 

 さらに記者から日朝非公式協議開催の有無について質問されたのに対しても、「私はまったく承知していないし、事実はないと思う」と重ねて回答、非公式協議自体が行なわれていないとの認識を明らかにしている。

 あなたにオススメの記事

メニュー