防災と災害情報のニュースメディア
  • 経済

東証 日経平均が一時400円超の急落 今年最安値

 11日午前の東京株式市場は、日経平均株価が一時415円1銭安となる1万3885円11銭まで下落して今年の最安値を記録し、午前の取引は、前日終値より330円47銭安となる1万3969円65銭で終了した。

 

 昨日の米ダウ工業平均が266.96ドル安となる16170.22ドルまで急落し、ウクライナ情勢を不安視したとする見方が市場に広がっている。

 

 また、東京外国為替市場の円相場もこの数日は円高方向に進んでおり、午後0時現在、対ドルレートで、1ドル=101円57銭となっている。

 あなたにオススメの記事

メニュー