防災と災害情報のニュースメディア
  • トピック

阪神淡路が舞台の仏映画『メモリーズ・コーナー』本日公開

 阪神淡路大震災のその後を舞台に阿部寛や西島秀俊が主演を演じた、フランス映画『メモリーズ・コーナー』が本日23日より公開される。

 

 映画の舞台は、震災から15年が経過した神戸と淡路島。回顧式典にやってきたフランス人の女性ジャーナリストが、震災の辛い記憶にとらわれて死後も現世をさまよう石田(阿部寛)に出会い、震災の喪失感に苦しむ人々とその先にある希望が描かれる。

 

 監督は同国新進気鋭のオドレイ・フーシェ。23日よりシネマート六本木(東京)、シネマート心斎橋(大阪)、洲本オリオン(兵庫)で公開される。

 あなたにオススメの記事

メニュー