防災と災害情報のニュースメディア
  • 生活情報

オバマ大統領来日で厳戒…主要駅のロッカーなど使用中止に

   米国のオバマ大統領の来日を控え、首都圏の鉄道各社は駅構内のコインロッカーを使用中止にするなど警備体制を強化している。

 

   JR東日本は、東京駅や新宿駅など主要なターミナル駅で22日から、オバマ大統領が日本を離れる25日までコインロッカーの使用を停止。前日の21日までに荷物を出すよう、ロッカーに貼り紙をするなどして利用者に呼びかけている。


   また、東京メトロは警備員や警察官による巡回を強化し、18日からは都心の30余りの駅でコインロッカーの使用を取りやめ、ゴミ箱も撤去する。東京都交通局も主要15駅でロッカーとゴミ箱、自動販売機を使用中止とする。いずれも25日まで。


   オバマ大統領は今月23日に来日し、2泊3日の日程で滞在。18年ぶりに「国賓」として招かれ、安倍晋三首相との日米首脳会談などを行う予定。

   

 あなたにオススメの記事

メニュー