防災と災害情報のニュースメディア
  • 製品・サービス

震災遺構や浪江町の写真を追加 Google「未来へのキオク」

 Googleのサービス「未来へのキオク」では、2011年5月より被災地で失われた思い出や風景など多くの「キオク」を取り戻すため、協力者から得た動画や画像を同サービス内にて保存・公開してきたが、今回、サイトをリニューアルするにあたり、福島県浪江町、首都大学東京や朝日新聞の協力を得て、新たなコンテンツを追加したと21日に発表した。

 

「未来へのキオク」では、これまで442本の動画と約5万6千枚の画像をストック。ストリートビューを通じ、街中を歩いているような感覚で被災地の姿などが閲覧できるようになっていた。今回のリニューアルでは、震災前後の風景を1枚の画像でわかるようにするなどよりいっそう見やすい仕様に変更。

 

 さらには岩手県宮古市のたろう観光ホテルや宮城県石巻市おしかホエールランドなど、36カ所の震災遺構の画像を追加。原発事故の影響で警戒区域にも指定された浪江町の写真(2005年~2015年、計541枚)も新規で保存されている。

震災前後の様子がストリートビューで一目瞭然(上が震災前)

震災前後の様子がストリートビューで一目瞭然(上が震災前)

2012年01月10日に撮影された浪江町

2012年01月10日に撮影された浪江町

 あなたにオススメの記事

メニュー