防災と災害情報のニュースメディア
  • リコール

三菱UFJニコス 顧客894人のクレジット情報が不正閲覧

   三菱UFJニコス(本社・東京都千代田区)は18日、不正アクセスによって顧客894人のカード番号や氏名などの登録情報が閲覧されたと発表した。カードの不正使用や個人情報の悪用はないという。


   同社によると、11日に会員専用WEBサービスへの不正アクセスを検知。ネット上で利用される暗号化ソフト「オープンSSL」の脆弱性を狙ったもので、カード番号や氏名、生年月日、住所、メールアドレス、勤務先、利用代金の支払い口座の金融機関などが不正に閲覧された。


   ただ、WEBサービスのログインパスワードやカードの暗証番号は閲覧されておらず、カード番号も一部は非表示になっていることから、同社は「不正使用の可能性は極めて低い」としている。


   WEBサービスは不正アクセスを受け、いったん停止したが、ソフトのバージョンアップなどで安全体制を確保し、約24時間後の12日午前に再開した。


   同社は今後、カードの不正使用の監視を続けるとともに、再発防止策としてセキュリティ強化のための専門チームを組織するとしている。

   

 あなたにオススメの記事

メニュー