防災と災害情報のニュースメディア
  • 地震情報

南太平洋パプアニューギニア沖でM7.5の地震

   米地質調査所(USGS)によると、19日午後10時28分ごろ(日本時間)、南太平洋のパプアニューギニア沖でM7.5の地震が発生したもよう。


   この地震の震源地は、パプアニューギニア東部のブーゲンビル島パングナから南西へ約75キロの沖合で、震源の深さは約30.9キロ。


   太平洋津波警報センター(PTWC)は、この地震でパプアニューギニアとソロモン諸島に津波の発生の可能性があるとして、警戒を呼びかけている。


   なお、気象庁は日本への津波の影響はないとしている。

   

 あなたにオススメの記事

メニュー