防災と災害情報のニュースメディア
  • リコール

iPS細胞の山中教授が謝罪 切り貼りなくとも原データ提示できず

ネット上で指摘を受けた問題の図/京都大学iPS細胞研究所HPより引用

 京都大学iPS細胞研究所の所長・山中伸弥教授は28日、2000年に発表した論文内の図が切り貼りではないかなどの指摘をインターネット上で受けていた件について、その事実はなかったとしながらも当時の資料が適切に保管されておらず、図の原データが提示できないことを謝罪した。

 

 インターネット上で切り貼りの指摘を受けたのは、山中教授が2000年に海外の学術誌「The EMBO Journal」に掲載した論文内の図で、iPS細胞発見以前の胚性幹細胞(ES細胞)研究に関するもの。

 

 山中教授の申し出により、京都大学iPS細胞研究所で調査を行ったところ、実験は再現できることが確認され、論文内容に不正は見られなかったものの、実験ノートなどが適切に保管されておらず、原データが提示できないことが明らかになった。

 

 山中教授は「指摘されている図について、研究者倫理の観点から適切でないことを行った記憶もありませんし、その必要性もありませんでした」としながらも、「実験を実施した約15年前は、研究グループ全員のデータを保存するべきとの意識が十分ではなく、指摘されている2つの図の原データを提出することができないことを反省しています」と謝罪した。

 あなたにオススメの記事

メニュー