防災と災害情報のニュースメディア
  • 生活情報

全国500店舗のファミリーマートに電気自動車充電器

横浜の荏田南三丁目店に設置されている急速充電器/ファミリーマートHPより引用

 ファミリーマートは28日、環境に配慮された電気自動車(EV)やプラグイン・ハイブリッド車(PHEV)に向けて、全国500店舗で急速充電器を設置していくと発表した。2014年の夏以降、順次進めていく。

 

 ファミリーマートは現在、34店舗に急速充電器を設置し、低炭素化社会の実現に向けた取り組みを行っているが、今後はこれを一気に拡大させて、全国500店舗で新たな設置を決定。

 

 政府の補助制度や自動車メーカー4社(トヨタ・日産・ホンダ・三菱自動車)による支援制度を活用し、今年の夏以降に順次実施していく。

 

 ファミリーマートでは、2012年10月からジャパンチャージネットワーク社の充電システムを採用しているが、今後の500店舗についても同システムを導入する予定で、1回のチャージは最長15分で行える。

 

 なお、料金については、利用者のプランによってまちまちで、最も単価の安いものだと1回につき191円で、高いものは572円となっている(ジャパンチャージネットワーク社サイト参照)。

 あなたにオススメの記事

メニュー