防災と災害情報のニュースメディア
  • 経済

居酒屋ワタミが上場後初の赤字転落

 全国に居酒屋「和民」などを展開するワタミは2日、2014年度の連結決算が約49億円の赤字に転落するとの業績予想を発表した。

 

 同社が赤字となるのは1996年に東京証券取引所へ上場してから初めてのことで、従来の12億円の黒字予想から約61億円の下方修正となる。

 

 修正の理由としては、同社のメインである外食事業の既存店売上が計画を下回る93.1%に落ち込んだことや、宅食事業の食品数が伸び悩んだこと、介護施設の入居率が84.9%にとどまっていることなどを挙げている。

 

 なお、本業の儲けを示す営業利益は約29億円の黒字予想となっているが、こちらも従来の予想50億円から約21億円(-41%)の下方修正となっている。

 あなたにオススメの記事

メニュー