防災と災害情報のニュースメディア
  • 地震情報

岐阜県飛騨地方の群発地震 4日朝も3連続 24時間で29回に

 3日の午前10時2分頃にM4.3の地震が発生し、それ以降、同日の午後9時15分までに合計26回の群発地震が発生していた岐阜県飛騨地方では、4日の朝にも再び3回の揺れが連続で発生し、最初の地震から数えると24時間で合計29回となった。

 

 気象庁によると、岐阜県飛騨地方で発生している群発地震が最初に起きたのは3日の午前10時2分頃。同日は午後9時15分頃までに26回の揺れを観測していたが、4日の朝になっても再び地震が発生し、午前9時21分にM3.7、9時24分にM2.9、9時26分にM2.7と立て続けに揺れた。

 

 これで最初の地震が発生してから約24時間で29回の揺れとなっており、震源域からほど近い長野県中部で起きた7回の地震も含めると合計で36回に。そのうち高山市では震度3の揺れを9回観測している。

 

 なお、地震調査研究推進本部が提供している「確率論的地震動予測地図」の解説によると、岐阜県飛騨地方は「小規模ながら群発地震の活動域が点在し、下呂市飛騨萩原付近、同市小坂、高山市高根などの他、長野県境の山岳地域にも活発な地震活動がみられます」とのこと。

 あなたにオススメの記事

メニュー