防災と災害情報のニュースメディア
  • トピック

任天堂トモコレ同性婚問題 海外メディアも反応

任天堂「トモダチコレクション 新生活」の欧米版「トモダチライフ」は6月に発売予定(NINTENDOホームページより引用)

 架空の世界で、自分のキャラクターを投影させたアバター「Mii」が人間関係を築いていく任天堂の人気ゲームソフト「トモダチコレクション」だが、海外では「同性婚問題」が話題になっている。

 

 このゲームの最新作「トモダチコレクション 新生活」は先月18日に国内で発売開始、欧米版の「トモダチライフ」は6月に発売予定だが、これに対し米国アリゾナ州に住む23歳の男性が、「ゲーム内でも同性婚を可能にしてほしい」とのキャンペーンを展開している。

 

 この男性は、同作の中で、現実の婚約者である男性と結婚したいと願っているが、現在の仕様では、どちらかが異性にならない限り結婚はできない。

 

 この主張に対し、任天堂は、「任天堂は『トモダチコレクション 新生活』の中で、どのような形での社会的主張も行うことは意図していません。本作を風変わりで面白いゲームとしてとらえ、そこには何の社会的主張も存在しないことをファンの皆さんに理解して欲しいと思っています」と回答。

 

 こうした経緯をAP通信社が報じ、さらに英国BBCも「同性愛ゲームキャラに任天堂がNo」との記事を掲載している。

 

 キャンペーンを展開している男性は、「自分のキャラをゲーム内に投影し、それに自分の名前を付け、自分の性格付けもできるのに、ゲイだというだけで恋ができない」と嘆いているが…

 あなたにオススメの記事

メニュー