防災と災害情報のニュースメディア
  • リコール

漫画「美味しんぼ」で風評被害のおそれ 福島県が小学館へ抗議

 福島県は12日、4月28日と5月12日に発売された「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載の「美味しんぼ」内において、福島第一原発事故による不安感や風評被害を生じさせかねない表現があるとして、発行元の小学館へ抗議の見解を表明した。

 

 福島県が抗議をしたのは、漫画「美味しんぼ」の中に双葉町の井戸川克隆前町長を登場させた場面などで、作中では「放射線の影響により鼻血が出る」とか「除染をしても汚染は取れない」、「福島はもう住めない、安全には暮らせない」という趣旨の表現を掲載。

 

 これに対し福島県では、国や県のみならず国連科学委員会(UNSCEAR)や世界保健機構(WHO)の調査・報告書を挙げて、「美味しんぼ」が記載した内容を否定すると共に、「本県への風評を助長するものとして断固容認できるものでなく、極めて遺憾であります」と述べた。

 

 さらには「科学的知見や多様な意見・見解を、丁寧かつ綿密に取材・調査された上で、偏らない客観的な事実を基にした表現とされますよう、強く申し入れます」と発行元の小学館へ強い抗議を表明し、同県のHPにも声明文を掲載した。

 

 この問題については、5月7日にも福島県双葉町から「復興を進める福島県全体にとって許しがたい風評被害を生じさせている」との抗議文が出されたばかり。

 あなたにオススメの記事

メニュー