防災と災害情報のニュースメディア
  • リコール

調査委員の論文「不正にあたらず」理研が発表

 小保方晴子研究ユニットリーダーのSTAP細胞論文について研究不正との報告を行なった、理化学研究所(理研)の調査委員会メンバーの過去の論文にも画像改ざんなどの疑義が呈された問題について、理研は13日、「研究不正には当たらない」との判断を公表した。

 

 これは、調査委員会メンバーだった石井俊輔氏(石井分子遺伝学研究室上席研究員)と眞貝洋一氏(眞貝細胞記憶研究室主任研究員)らが発表した過去の論文について画像改ざんなどの疑義が報道機関から呈されたことに対して、予備調査を行なったもの。

 

 理研では、予備調査を行なった結果、「実験で得られた結果を真正でないものに加工するために行ったことを示唆するものではなく、研究不正に当らないと判断しました」としている。

 

 この問題で、調査委員会委員長だった石井氏は「このような状況で委員長を続けることは迷惑をかける。身を引くことが賢明と判断した」などとして、すでに調査委員会委員長を辞任している。

 あなたにオススメの記事

メニュー