防災と災害情報のニュースメディア
  • リコール

国会図書館の入札情報に不正アクセス 日立製作所の社員

 国立国会図書館のネットワークシステム管理を委託されていた日立製作所の社員が、同館の次期システムの入札情報などに不正アクセスしていたことが分かった。15日に同館が発表した。

 

 日立製作所の社員が不正アクセスした次期ネットワークシステムについての入札情報の中には、他社の提案書や参考見積などが含まれており、これに基づいて入札を実施すれば同社が極めて有利になるところであった。

 

 が、事態が3月27日に発覚したため、すでに同社では4月4日の応札を辞退。事実を認めた上で、「お客様の重要な情報システムの運用を行う事業者として、決してあってはならない重大な事態を発生させ、国立国会図書館および関係する皆様に多大なご迷惑をおかけしたことを、深くお詫び申し上げます」と謝罪し、関係者の処分をすると15日に発表した。

 

 同館でも、日立製作所を厳正に処分するとしており、同社が管理する他の公的機関のシステムでも同様のことが行われていなかったかが注目される。

 

 日立グループは国立国会図書館で多くの仕事を委託されており、たとえば日立製作所では、2010年に落札した「次期来館者管理システム設計・開発作業」を約5億4000万円で契約している。

 あなたにオススメの記事

メニュー