防災と災害情報のニュースメディア
  • 原子力

大飯原発 運転差し止め 福井地裁判決

関西電力大飯原発(福井県おおい町 撮影:KEI)

 関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)について、安全性が保証されないまま再稼働させたとして、住民189人が運転差し止めを求めた訴訟で、福井地裁は21日、原告側の主張を認め、関電に対し運転差し止めを命じる判決を言い渡した。

 

 大飯3、4号機は昨年9月に定期点検のため運転を停止し、現在は再稼働に向けて原子力規制委員会での審査が続いているが、審査の結果が判明する前に、いったんの司法判断が行なわれたことになる。

 

 この訴訟では、関電が想定した「基準地震動(耐震設計の基準となる地震の揺れ)」以上の地震が発生する可能性などが争点となっており、福島第一原発事故後初めての原発運転差し止め訴訟の判決。

 あなたにオススメの記事

メニュー