防災と災害情報のニュースメディア
  • イベント

カンヌ映画祭でパルムドール逃す 河瀬監督「2つ目の窓」

 フランスで25日(日本時間)に開催された第67回カンヌ国際映画祭で、日本から唯一コンペティション部門にノミネートされていた河瀬直美監督「2つ目の窓」は、惜しくも最高賞のパルムドールを逃した。

 

 映画「2つ目の窓」は奄美大島の壮大な自然を舞台にしたヒューマンドラマで、主役の高校生は歌手・UAと俳優・村上淳の息子である村上虹郎が演じている。

 

 河瀬監督自身は、これまで1997年の同映画祭で「萌の朱雀」がカメラ・ドール(新人監督賞)、2007年の同映画祭で「殯の森」がグランプリを受賞しており、今回は最高賞のパルムドールを期待されていたが、残念ながら同賞を逃してしまった。

 

 なお、今回のパルムドールには、ヌリ・ビルゲ・ジェイラン監督の「Winter Sleep」が輝いている。

 あなたにオススメの記事

メニュー