防災と災害情報のニュースメディア
  • 生活情報

BMWバイク・スクーター エンストのおそれで1266台リコール

リコールの対象となったBMW製スクーター「C650GT」(BMW motorrad Japan)

 BMW株式会社は27日、同社のスクーターC650GTやバイクF800GTなどで、サイドスタンドスイッチ内部に水が入り、最悪の場合エンストのおそれがあるとして、8車種合計1266台についてリコールを届け出た。

 

 このリコールは2012年(平成24年)11月28日〜2013年(平成25年)9月19日までに製造されたスクーター・バイク8車種1266台が対象で、サイドスタンドスイッチ(安全のためにサイドスタンドを出したまま発進しようとするとエンジンを自動的に停止させるスイッチ)の成形に問題があり、スイッチ内部に水が入ることから最悪の場合、ショートしてエンストを引き起こすおそれがあるというもの。

 

 同社では、使用者にダイレクトメールで通知し、サイドスタンドスイッチを無償で交換するとしている。

 あなたにオススメの記事

メニュー