防災と災害情報のニュースメディア
  • 気象

暑い週末…全国315地点で真夏日 大分では今年初の猛暑日に

   高気圧に覆われた日本列島は31日、全国的に晴天が広がり、気温があがった。大分県日田市では35.6℃まで上がり、全国で今年初の猛暑日を記録。東京でも31.6℃を記録し、初めての真夏日となった。


   気象庁によると、31日午後5時現在、30℃以上の真夏日となったのは全国315地点。最も高かったのは大分県日田市の35.6℃(午後2時58分)で、最高気温が35℃を超える猛暑日を5月に記録したのは1978年以降、8回目という。


   また、広島県加計町と群馬県館林市で34.7℃、山口県岩国市広瀬と岐阜県美濃市で34.4℃を記録するなど、各地で5月の最高値を更新した。


   明日(6月1日)も全国的に強い日差しが照りつけ、厳しい暑さが続く見込み。本格的な暑さに体が慣れていない時期のため、熱中症には特に注意が必要となりそうだ。

 

 

 あなたにオススメの記事

メニュー