防災と災害情報のニュースメディア
  • 経済

NYダウが連日の最高値更新 雇用統計を受け1万6924ドルへ

 6日のニューヨーク証券取引所は、同日発表された米雇用統計の堅調な結果を受けて連日の過去最高値を更新し、ダウ平均株価は1万6924.28ドルで取引を終えた。

 

 ダウ平均株価は、前日(5日)にも欧州中央銀行(ECB)の金融緩和決定を受けて最高値を更新していたが、6日の取引でも、失業率(6.3%)や非農業部門雇用者数(21.7万人)など、堅調な雇用統計の結果を受けて続伸。

 

 証券市場では終日買いが先行して、取引の一日の終値がその日の高値となる「高値引け」の1万6924.28ドルで終了した。

 

 また、ハイテク銘柄を中心に扱うナスダックでも買いが先行しており、こちらは+25.17ポイント高となる4321.40で取引を終えている。

 あなたにオススメの記事

メニュー