防災と災害情報のニュースメディア
  • 気象

東・西日本で9日午後は激しい雨 落雷や降ひょうも

 気象庁によると、9日は東日本と西日本を中心に大気の状態が非常に不安定となるため、同庁では落雷や竜巻などの激しい突風、降ひょう、土砂災害に警戒するよう呼びかけている。また、午後には激しい雨が降る見込みとのこと。

 

 9日は本州付近の上空約5500メートルに、この時期としては強い寒気(氷点下12℃)が流れ込み、日本海の低気圧に向かって、南から暖かく湿った空気が流れ込む。

 

 このため、東日本と西日本を中心に、広い範囲で大気の状態が非常に不安定となり、積乱雲が発達するおそれもあるため、9日は落雷や降ひょう、また午後からは激しい雨にも警戒するよう気象庁では注意を呼びかけている。

 

 特に関東地方では、これまでの大雨で地盤が緩んでいるため土砂災害の危険性が高まっており、また、西日本では竜巻などの激しい突風のおそれもあるため、発達した積乱雲が近づく兆しがある場合には、建物内へ避難して安全確保に努めるなど、気象庁では警戒を呼びかけている。

 あなたにオススメの記事

メニュー