防災と災害情報のニュースメディア
  • 気象

関東甲信地方 夜遅くにかけて激しい雷雨のおそれ

 今日(12日)の関東甲信地方は、昼にかけて雨足は弱まるものの、午後からはまた雨が強くなり、夜遅くにかけては雷をともなった激しい雨が降るおそれがある。

 

 気象庁によると、梅雨前線上の低気圧が関東の南を発達しながら北東へ進んでおり、今日(12日)夜ににかけて東北地方の太平洋側を北上する見込み。

 

 このため低気圧や前線に向かって湿った空気が流れ込み、大気の状態が不安定になるほか、台風6号から変わった低気圧も日本の南海上を北東へ進む見込み。

 

 関東甲信地方では今日(12日)夜遅くにかけて雷をともなった激しい雨が降り、東北太平洋側では今日(12日)夜のはじめごろにかけて激しい雨が降るとみられ、あす(13日)午前6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多いところで、東北太平洋側で100ミリ、関東甲信地方で80ミリ、伊豆諸島で80ミリとなっている。

 

 伊豆諸島の大島を始め、これまでの大雨で地盤がゆるんでいるところもあり、土砂災害の可能性が高まるため警戒が必要。

 あなたにオススメの記事

メニュー