防災と災害情報のニュースメディア
  • イベント

前半終えて0-0 ギリシャは1人退場で10人に ブラジルW杯

 ブラジル・ナタルで20日午前7時(日本時間)に始まったW杯日本―ギリシャ戦は、日本側の積極的な攻めに対してギリシャDFのカツラニスが2枚のイエローカードで退場となるなど、0-0ながら日本有利な状況で前半戦を終えた。

 

 日本は立ち上がりからボール支配率を60%以上で保持するなど積極的に攻め上がり、大迫のシュートや本田のFKなどで惜しい場面を演出。

 

 いずれも得点にこそならなかったものの、日本のプレッシャーに対してギリシャのディフェンスも激しくなり、前半38分、長谷部に対する危険なスライディングでキャプテン・カツラニスが2枚目のイエローカードで退場となった。

 

 後半も、日本11人対ギリシャ10人と、サムライブルーに有利な状況で挑むことになる。

 あなたにオススメの記事

メニュー