防災と災害情報のニュースメディア
  • リコール

ネット署名が7万2000人を突破 塩村都議へのセクハラ野次問題

change.org内に設置されたネット署名

 18日の東京都議会で塩村文夏議員が「自分が早く結婚したほうがいいんじゃねえか」などとセクハラ野次を受けた問題について、自民党東京都連に対して発言者を特定し厳正な処分を求めるネット署名が22日午後4時30分現在、7万2000人を突破している。

 

 このネット署名は専門のサイト「Change.org」(196カ国・ユーザー7000万人以上)内に設置されたもので、賛同者は氏名とメールアドレスを入力するか、あるいはFacebookからでも投票できるシステム。

 

 塩村都議に対するセクハラ野次が問題になった翌19日、自民党東京都連に対して「私たちは、都議会本会議内で女性差別発言をした自民党都議会議員を特定し厳正に処分するよう、自民党東京都連に対して強く求めます。」とのタイトルで設置された。

 

 設置をしたのは「東京都議会における差別発言を許さない市民一同」となっており、このネット署名が開始されるや、わずか9時間で賛同者が1万人を突破、本日(22日)午後4時30分には7万2000人を超えている。

 

 なお、みんなの党では20日、東京都議会議長に対して、発言者の特定と議員辞職勧告を求める申入書をすでに提出しており、都議会や自民党の今後の対応が注目される。

 あなたにオススメの記事

メニュー