防災と災害情報のニュースメディア
  • 事故

会社のカードで3億円を不正使用 三菱製鋼元社員が詐欺容疑で逮捕

 三菱製鋼は25日、海外出張時に利用できるコーポレートカードを同社の元社員が不正利用し、2007年から5年10ヶ月間にわたって約3億円を騙し取った詐欺容疑で、警視庁月島警察署に逮捕されたと発表した。

 

 逮捕された元社員は、カードを管理する立場を悪用して、他人名義のカード複数枚を自身の遊びのために使用。後にカード会社から送られてくる請求書(利用明細)を改ざんして社内の決済を通過させ、5年10ヶ月間にわたり約3億円を不正利用していた。

 

 同社では、2012年11月にこの事態を把握していたが、捜査に支障をきたす恐れがあることから公表を控え、社内においては調査委員会を設置。周囲の関係者などを事情聴取し、業務全般について調査を行った結果、共犯者は存在せず、また、この元社員による他の不正行為はないことを確認した。

 

 今回の一件により、同社では外部調査委員会を立ち上げて複数の再発防止策を講じており、また、会計上における費用処理もすでに済ましているため、当期や過去の業績に与える影響はないとのこと。

 あなたにオススメの記事

メニュー