防災と災害情報のニュースメディア
  • トピック

モスクワ映画祭「私の男」 グランプリ&男優賞をW受賞

モスクワ国際映画祭で最優秀作品賞と男優賞をダブル受賞した「私の男」

   第36回モスクワ国際映画祭で28日、熊切和嘉監督の「私の男」がコンペティション部門のグランプリに選ばれた。主演の浅野忠信さん(40)も最優秀男優賞に輝き、ダブル受賞を果たした。


   日本映画のグランプリ受賞は、新藤兼人監督の「生きたい」(1999年)以来15年ぶり。また、最優秀男優賞は「ふるさと」(1983年)の加藤嘉さん以来31年ぶり、2人目の快挙だ。


   「私の男」は桜庭一樹さんの直木賞受賞作が原作で、北海道で孤児となった少女と、若くして少女を引き取った男との禁断の関係を、雄大な自然を背景に描いている。


   モスクワ国際映画祭の審査委員会は「私の男」について、「男と若い女の間で、解決することのできない愛の問題に切り込んだ大胆さ」を評価。

 

   熊切監督は受賞を受け、「神様もいたんだなぁと!最高です!スタッフ、キャストはじめ、この映画に関わったすべての人に感謝します!」とコメントを出した。


   「私の男」は新宿ピカデリー他、全国で上映中。

 

 あなたにオススメの記事

メニュー