防災と災害情報のニュースメディア
  • 気象

九州・中国で非常に激しい雨 各地に大雨警報

 気象庁によると7日は九州北部・南部などで非常に激しい雨が降り、大雨となる見込みで、土砂災害、浸水や河川のはん濫などに警戒を呼びかけている。

 

 7日午前10時30分現在、福岡県、長崎県、佐賀県、熊本県、鹿児島県、山口県、広島県の一部などに大雨(土砂災害)警報や大雨洪水警報が発表されている。

 

 7日の日本列島は、梅雨前線が東シナ海から西日本にのび、九州北部地方には東シナ海から発達した積乱雲が次々に流れ込んでいる。

 

 前線に向かっては暖かく湿った空気が流れ込むため、7日は九州を中心に大気の状態が非常に不安定になる見込みで、あす(8日)午前6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多いところで、九州北部で180ミリ、九州南部で120ミリとなっている。

 

 あなたにオススメの記事

メニュー