防災と災害情報のニュースメディア
  • 気象

数十年に一度 台風8号 沖縄本島地方に暴風・波浪特別警報

 気象庁は8日午前0時20分に、7月としては史上最強クラスの台風8号が接近している沖縄本島地方に暴風・波浪特別警報を発表した。

 

  特別警報は「数十年に一度程度」の気象災害のおそれがある場合に発表されるもので、気象庁では久米島では暴風に、沖縄本島地方では高波に警戒するよう呼びかけている。

 

 台風8号は、7日午後11時現在、宮古島の南南東約280キロの海上を北に時速20キロの早さで進んでいる。
 
 中心気圧は930ヘクトパスカルで、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートルと「超ド級」だが、あす(8日)午前9時には、宮古島の南東約80キロの海上に達し、中心気圧は910ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は55メートル、最大瞬間風速は75メートルと、「数十年に一度程度」の規模まで発達する見込み。

 

 さらにあす(8日)午後9時には、中心気圧が915ヘクトパスカルと猛烈な規模を保ったまま、久米島の西北西約140キロの海上に達する見込みで、沖縄本島地方はこれから厳重な警戒が必要。

 

 

 あなたにオススメの記事

メニュー