防災と災害情報のニュースメディア
  • 気象

台風8号 沖縄本島地方のほぼ全域で大雨特別警報

 大型で強い勢力の台風8号の影響により、気象庁は9日午前7時31分、久米島町を除いた沖縄本島地方のほぼ全域に対して大雨特別警報(土砂災害、浸水害)を発表した。

 

 那覇市や沖縄市など、本島南部や中部では全域が土砂災害や浸水害を対象とした大雨特別警報が出され、北部でも全域で同警報を発表。同地方で唯一特別警報の出ていない久米島町でも波浪警報や強風・雷注意報が依然として出されたまま。

 

 特別警報とは「数十年に一度程度」の気象災害のおそれがある場合に発表されるもので、沖縄市などでは昨日の午後2時頃に大雨特別警報(土砂災害)が出され、今朝、解除されていたが再び発表された。

 あなたにオススメの記事

メニュー