防災と災害情報のニュースメディア
  • 気象

台風8号で停電続く 九州電力1700戸 沖縄電力3万1000戸

 大型で強い台風8号の接近に伴い、昨日(8日)から九州電力や沖縄電力管内では停電になる地域が発生したが、9日午後4時の時点でも九電で約1700戸、沖電で約3万1000戸の電気が止まっている。

 

 九州電力管内で停電となっているのは、鹿児島県の約1400戸と宮崎県の約300戸。24時間前の8日午後4時に鹿児島県奄美地方で約7800戸が停電していた状況と比べると、その戸数は大幅に減った。

 

 しかし、被害地域は鹿児島県南九州市や南さつま市、宮崎県都城市へと拡大しており、同社では「垂れ下がったり、切れた電線、折れた電柱は大変危険ですので、絶対に触れないで、最寄りの九州電力へご連絡ください」と注意を促している。

 

 また、沖縄電力では、24時間前の午後4時の時点で9万6700戸が停電していたが、現在は3万1000戸に減少。同社では「関係会社および電気工事会社の職員を動員し、早期復旧に向け作業を行っております」としており、完全復旧までは今しばらく時間がかかりそうだ。

 あなたにオススメの記事

メニュー