防災と災害情報のニュースメディア
  • 地震

石巻と大船渡で20センチの津波観測 注意報は解除

  12日早朝に福島県沖で発生したM6.8の地震で、気象庁は約1時間後に宮城・石巻と岩手・大船渡で最大20センチの津波を観測したと発表した。


   地震は午前4時22分頃、福島県いわき市の東約140キロ付近で発生し、震源の深さは約10キロ。宮城県岩沼市や丸森町、福島県郡山市や田村市、茨城県常陸太田市などで震度5、東京23区の東部や横浜市でも震度3を観測した。


   気象庁によると、宮城県石巻市鮎川では午前5時19分、岩手県大船渡市では同22分、高さ20センチの津波を観測。同県の久慈港、福島県相馬でも10センチの津波があったという。


   なお、岩手・宮城・福島に発令されていた津波注意報は午前6時15分に解除されている。

   

 あなたにオススメの記事

メニュー