防災と災害情報のニュースメディア
  • 環境

16日のPM2.5 日中は北日本や東日本で高濃度のおそれ

 16日午前のPM2.5濃度は、関東や東海・近畿地方で環境基準値(35マイクログラム/㎥)をやや超えているところが多くなっている。現在、注意喚起を発表している自治体はない。 

 16日午前7時現在の各地のPM2.5測定値は、兵庫県姫路市で60マイクログラム/㎥、三重県四日市市で56マイクログラム/㎥、埼玉県川口市で51マイクログラム/㎥などとなっており、関東から東海・近畿地方で環境基準値(35マイクログラム/㎥)をやや超えているところが多くなっている。

 今日は、梅雨前線が北陸付近に停滞し、前線の北側にあたる北日本方面を中心に大陸の汚染物質が流れ込みやすくなる。このためPM2.5濃度は、北日本から東日本にかけてはやや高い(35超~50マイクログラム/㎥以下)ところが多く、北海道・東北・関東地方では日中は高く(50超~70マイクログラム/㎥以下)なるところがある見込み。西日本方面ではおおむね低い(35マイクログラム/㎥以下)予想となっている。

 明日の濃度は、沖縄地方では低い(35マイクログラム/㎥以下)予想だが、その他はやや高い(35超~50マイクログラム/㎥以下)ところが多いとみられる。北海道と東北北部では一日を通して高い(50超~70マイクログラム/㎥以下)見込み。

 PM2.5については、国の基準値である1日平均値で35マイクログラム/㎥を超えた場合、呼吸器系およびアレルギー疾患のある人を対象に、外出時のマスク着用、また帰宅時の目洗い、うがいなどを促している。


 PM2.5の1日平均値が70マイクログラム/㎥を超過した場合にはすべての人を対象に、外出や激しい運動を控え、部屋の換気などを最小限にすることなどを呼びかけている。




■各地方の詳細情報については、PM2.5マップでご覧ください。

 あなたにオススメの記事

メニュー